胃バリウム検査と

胃カメラ検査の違い

胃の検査としては、胃カメラと胃バリウム検査があります。胃のバリウム検査を受けていれば、胃カメラまで受ける必要はないと思われるかもしれませんが、バリウム検査と胃カメラとでは得られる情報量が大きく違います。

胃バリウムと胃カメラの違い

バリウム検査とは、胃の内側にバリウムを付着させレントゲン写真を撮る方法で、モノクロの写真から胃の粘膜の凹凸を観て病変がないかどうか判断します。それに対して胃カメラは、ハイビジョンの画像により粘膜を直接観察しますので、胃粘膜の色の変化など詳細に検査します。特に早期の胃がんでは、病変部に僅かな凹凸や色の違いしか認識できないことが多いため、内視鏡の方がこういった場合には断然優れています。
さらに、胃カメラの検査中がんを疑う病変が見つかった場合、そのまま内視鏡を使って粘膜を採取し精密検査を行うことができます。ところがバリウム検査で何か異常が見つかったの場合は、次の精密検査として改めて胃カメラの検査を受けることになりますので、検査の精度ばかりでなく総合的な意味で胃カメラを受けることをお勧めします。

食道がんの早期発見にも

上部内視鏡検査は、俗に胃カメラと呼んでいますが、胃ばかりでなく食道もしっかり観察します。食道もがんが発生しやすい場所の一つですので、十分に観察しておくべき箇所です。ところがバリウムによる検査は食道を詳しく調べることができません。検査を一度受けられるのであれば、やはり胃カメラ方が有意義と言えます。

バリウム検査画像

内視鏡検査画像

胃バリウム検査は胃カメラより楽?

イメージとして胃カメラ検査は苦しく、バリウム検査はそれよりも身体的に楽と思われる方も多くいらっしゃいます。
確かにバリウム検査は胃カメラに比べ手軽で短時間で終えられますが、実際はバリウム検査でも少なからず苦痛を感じてしまいます。バリウム検査の際は、発泡剤・造影剤を飲み胃を膨らませたままげっぷが出そうになるのを耐えて我慢しなければいけません。
一方、最近の胃カメラ検査は様々な技術の発展により以前と比べ苦痛の少ないものとなっています。また当院では、鎮静剤を使用して眠っていただいている間に検査を行いますので、嘔吐反射や膨満感などによる苦痛はほとんど感じません。ウトウトした状態になるため、検査中は怖いと感じることがなく、気持ちの上でも安心して検査を受けられます。

ご予約・お問い合わせ・ご相談

〔​予約制〕

Tel: 03-3777-9206

東京都品川区大井1-31-12 ユウビル2F3F 

Tel: 03-3777-9206

消化器内科 大腸・肛門外科

胃腸科 内視鏡検査 痔の日帰り手術