大腸カメラ検査の流れ

大腸カメラ検査の流れ

【スタッフから問診】
検査前の便の状態や体調についてお聞きします。

更衣室のロッカーにアクセサリー、貴重品を預けていただきます。

内視鏡検査室でバイタルサイン(血圧、脈拍、血中酸素濃度など)の測定を行います。

検査を安全に行うために、内視鏡検査中にもモニターのチェックを継続します。

鎮静剤を点滴から注射し、眠くなった状態で検査を開始します。
眠くならない状態での検査を希望される方は腸の動きを止める鎮けい剤や鎮痛剤のみを使って画面を見ながら検査を受ける事も可能です。

全大腸の観察を行います。ポリープや炎症、腫瘍などの病変を認めた場合は、ポリープ切除や組織生検といった治療、検査を行います。

検査終了後、麻酔を覚ますお薬を使用します。リカバリ室に移動いただき、完全に麻酔が覚めるまでお休みいただきます。

診察室で内視鏡検査の画像を見ていただき、検査結果についてご説明いたします。

東京都品川区大井1-31-12 ユウビル2F3F 

Tel: 03-3777-9206

消化器内科 大腸・肛門外科

胃腸科 内視鏡検査 痔の日帰り手術