大腸ポリープ(大腸内視鏡)

大腸ポリープ

大腸ポリープとは

大腸の管の内側の一部がイボのように隆起してできたもののことを大腸ポリープといいます。大腸ポリープは腫瘍性のポリープと非腫瘍性のポリープに分けられますが、特に注目すべきは腫瘍性のポリープである「腺腫」で、これは大腸がんになる危険性があります。
大腸がんは多くの場合、まず大腸に腺腫が生じ、それが大きくなっていくうちに悪性化してがんになることで発生します。したがって、定期的な検査を行い、腺腫のうちにそのポリープを取ってしまうことで大腸がんの大部分は予防することができます

大腸ポリープを見つけるには

大腸ポリープが発生していてもほとんどの場合は症状がなく、普段の生活で大腸ポリープを本人が自覚することはありません。

大腸ポリープの発見には大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が最も有効です。内視鏡検査はカメラのついたスコープを大腸の中に入れて直接観察することで、腸管内の様子を詳細に検査します。ポリープが見つかった場合は、そのまま切り取ることができますし、切除できない大きな病変に対しては診断のための組織を採取し精密に検査(生検)することもできます。

大腸ポリープを見つけるのに大腸内視鏡以外の方法がないわけでもありません。より手軽な便潜血検査や注腸検査といった方法があります。便潜血検査は検便により便に血液が混じっていないか調べる方法で、注腸検査はバリウムによるレントゲン検査ですが、精度ではどうしても大腸内視鏡より劣ります。また異常が見つかった場合には、結局は大腸内視鏡検査が追加で必要となります。そのような理由もあり、当院では大腸内視鏡検査をお奨めしています。

ポリープの切除

大腸内視鏡を使って行う手術となりますので、基本的には大腸内視鏡検査の流れで行います。
当日の流れについてはこちら

切除自体は、内視鏡の先端に備わる金属性の輪をポリープにかけ、高周波電流を流して切り取ります。切除する際に痛みなどはありませんので、ご安心ください。
切除後の創は数週間で自然治癒しますが、大きなポリープの切除創には、内視鏡用クリップという器具を用いて創を縫い縮めることもあります。そして切除したポリープは病理検査で良性か悪性か確かめます。
また、入院での切除が必要な大型のポリープが見つかった場合は、安心して治療をお願いできる連携病院を紹介させていただきます。

検査をお奨めする方

食生活の欧米化などの要因により、日本では大腸がんが急増しています。「大腸がんの芽」とも言える大腸ポリープは、40代から増え始め、年齢が上がるほどできやすくなります。
大腸がんの早期発見、予防のため、40歳以上で大腸内視鏡検査を受けたことのない方は、ぜひ大腸内視鏡検査を受けていただくことをお勧めします。
またこれまでの検査で大腸ポリープが見つかった方は、ポリープができやすい体質の可能性がありますので、定期的な大腸内視鏡検査を受けることをお勧めしています。 

ご予約・お問い合わせ

〔​予約制〕

Tel: 03-3777-9206

東京都品川区大井1-31-12 ユウビル2F3F 

Tel: 03-3777-9206

消化器内科 大腸・肛門外科

胃腸科 内視鏡検査 痔の日帰り手術